ご家族の方へ

2004年、アメリカの小児がんの少女アレックスちゃん(当時4才)が、自分と同じくがんと闘っている子どものために、募金活動を始めるために自宅の庭でレモネードスタンドを開きました。その後、その活動は全米で広がり、今では多額の寄付を集め、小児がんの子どもの支援を行っています。

*詳しくは「レモネードスタンドって?」をご覧ください

お子様が、レモネードスタンドを開きたいと言った時お子様が立てた計画内容をチェックしてください。お子様の計画をご確認ください(「レモネードスタンドをはじめよう!」)開催までの計画や準備を見守り、時にアドバイスをお願いします。

申込みフォームはこちら
 

衛生面について

開催するイベント内容により保健所への提出が必要なことがあります。会場や、イベント担当者に必ず相談してください。

  

募金活動について

募金活動を行うにあたり、それぞれの開催場所に相談ください。保育園、幼稚園、学校、テナント、イベント内など、それぞれ開催場所にご相談ください。

計画に無理がないか

開催規模、開催までのスケジュール管理、運営側の人数、準備するものなど。

  

その他のポイント

  • 目的がぶれないように。何のための活動か忘れないように
  • 衛生面に気をつけましょう(人が飲むものです。細心の注意を払いましょう)
  • 募金してくれた方への感謝を忘れずに
  • 目標を設定する(100杯目指す!募金額1万円を目指すなど)
  • 終了後、募金額をすみやかにレモネードスタンド事務局振込する
  • 貸出資材の返却も忘れずに

すべてが終了したら、思いっきり褒めてあげましょう!!

多くの人がレモネードスタンドを開いてくれることを目指しています。是非、多くの人にお伝えください。また、何度開催いただいても構いません。

申込みフォームはこちら

ページトップへ戻る