小児がん支援のレモネードスタンド

アメリカでがんと闘う女の子が始めた「小児がん治療研究支援のレモネードスタンド」の活動が、小児がんとレモネードスタンドのきっかけです。

「レモネードスタンドでお金を集めて、私の病気を治してくれるお薬を開発してもらおう!」と自宅の庭でレモネードスタンドを開きました。この活動は、メディアに取り上げられ全米に広がり、少女が亡くなった今もその意思を引き継ぎ、続けられています。

現在、日本でも英語の学校教材として取り上げられるなど「レモネードスタンド」という活動が徐々に広まってきています。学校の文化祭や地域のお祭り、自宅のガレージ、企業のイベントなどでレモネードを開催、そこで集まった寄付は小児がん支援に活用されています。

皆さんも、レモネードスタンドを開催してみませんか?

たくさんのひとがレモネードスタンドジャパンを応援しています

ページトップへ戻る